どちらもよいです

こんにちは。E&Sの安藤です。

 

 

 

本日は、お墓の種類のメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

 

 

まずは和型

 

メリット

・伝統的な形で安心感がある

・寺院墓地や、共同墓地の場合、周りとの調和がとれやすい(周りが和形が多い場合)

・背が高いので立派に見える

 

 

デメリット

・強い揺れに弱い

・洋型に比べ費用が高くなりやすい(使う石材量が洋型より多くなった場合。使う石の量によって値段が決まる。)

 

次は洋型

 

メリット

・デザインを自由に決められる為、故人の希望や好みを反映させやすい

・和型に比べ背が低いので、圧迫感が少ない

・地震での倒壊の心配が少ない

・好きな文字や、絵を彫ることが出来る

・デザインによってはある程度、値段(石材量)を抑えることが出来る

 

 

デメリット

・あまり奇抜なデザインは飽きが来たり、子、孫、親族が受け入れてくれない場合もある

・こだわりだすと費用が高くなる(特殊なデザインや加工は通常よりも加工費がかかりやすい)

 

 

寺院や霊園、墓地によってそれぞれルールが異なります。一度、お寺さんや霊園に「こういうお墓を建てても良いか?」の確認をしましょう。

また、お客様の希望や意図を汲み取ってくれる。納得するまで提案し続けてくれる。実現してくれる石屋さんを選びましょう!

では🌟