寿陵とは

こんにちは。E&Sです。

 

最近は、生前にお墓を建てられる方が増えています。

 

生前にお墓を建てると、縁起が良く無いや、早くあの世に行ってしまうなど聞いたりした事があるのではないでしょうか?

また、生前にお墓を建てることに抵抗や、親戚からの非難のされる声を心配される方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、仏教では縁起の良い事とされており生前にお墓を建てることを「寿陵」といいます。

「寿」おめでたい、「陵」おはか、つまりおめでたいお墓ということになります。

寿陵の起源は中国で、聖徳太子も生前に自分のお墓を建てたと言われています。

逆修といって、生きているうちに自分の死後の冥福を祈って仏事を行う事は良い事とされているんです。

 

何よりのメリットは、場所を自分で選ぶことが出来たり、自分で考えたお墓に入る事が出来る点です。

さらに残された家族の負担が軽くなります。

また、相続税対策にもなりますよ。

お墓は祭祀財産の一つで、その為税金のかからない財産なのです。

 

注意点としは、公営霊園はご遺骨ありでないと建てられない場合もあります。ご確認なさってみて下さい。

では。