お墓の彫刻について

こんにちは。西の杜新里聖地霊苑、協力石材店のE&Sの安藤です。

皆さんは、ご自分のお墓を建てるとしたら、どんなお墓がいいですか?

従来の和型墓石に加え最近は、洋型の墓石や個性的なデザインのお墓も増えてきましたよね。

西の杜新里聖地霊苑でも、様々な個性的お墓が建っています。

その中でワンポイント、お墓の目印となるような彫刻をされている方もいます。

本日は、お墓の彫刻についてお伝えしたいと思います。

 

まずはお花編

 

西の杜霊園で最も多いのが「桜」です。(安藤調べ)

じっくり見るとデザインが異なっていてお客様それぞれのこだわりを感じますね。

 

 

お次は「バラ」です。

 

バラも桜同様、石塔の四隅に2か所彫る方が多いです。

 

 

 

チューリップ

 

 

百合を彫っている方も時々見かけます。

 

 

 

こちらはお客様のご意向でハナミズキを施しました。

 

他のお墓に比べると石塔の面積が大きい分、「〇〇家」だけだと少しさみしいということで、お花の彫刻を入れる事になりました。デザインはお客様がネットから探して来て下さいました。

こちらは影彫りという「点」での特殊な彫刻になります。

 

 

家族の一員 ペット編

 

可愛いですね~。実際の様子が分かるくらいリアルですよね。

こちらで写真をお預かりし、それを基に彫っていきます。

これも影彫りという技法です。

最後は 山編

 

登山がお好きな方、思い入れのある故郷の山を彫る方などもいます。

 

・お花など彫は3万円~

・影彫り3万円~

お気軽にお問合せ下さい。